2009年09月29日

わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい

いしころ太郎っす。

すっげー昔、「わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい」ってCMがあったっすよね?(調べてみたら1970年代!? いくら何でもそんな昔じゃないハズ。再放送?)

今回のネタはそういうの。

石屋で何度か顔を合わすけど、本格的にしゃべるのは初めての人と、石トークで意気投合しちゃいました。
新しい石友・Kさんっす。

初めてパワストの話をするときって、実はさりげなーく探りを入れちまうんすよね。
だってほら、いしころ太郎は意味だけで石を選ぶのは邪道だ! 浄化なんてテキトーでいいぞって奴ですから、浄化を一生懸命やる人の前で「浄化なんてさあ」って言っちゃ失礼っしょ?
だからこの人はどういう感じで石とつきあってる人かなって、ある程度は知っておきたい。

そしたらば、Kさんてば、いしころ太郎と同じく浄化はテキトー派、石の意味もけっこう無視派。
原石じゃなくてブレス派だけど。

「浄化浄化って言い過ぎっすよね〜」なんて、話が合う合う、もりあがりまくり。

そん中で「なぜ、浄化はテキトーか」って話になったんすよ。
いしころ太郎は、形ばかりの浄化より、きれいだぜって大切にした方がいいと思ってるし、あんまり心配しすぎると石が心配なものになってしまうと思う。

Kさんも基本意見は同じだったんだけど、さらに突き抜けてた。

「具合悪い(疲れてる)? おなか壊した(邪気が入った)? って甘やかすと、過保護になるよ。少々放り出しておいてもへこたれない、タフな石じゃなくちゃ。
過保護なお嬢様じゃ、いざというとき一緒にがんばれない。
いっちょがんばるか、応援頼む!って言ったら、おお!ってノってくれるくらいじゃないとね」

タフでノリがいい石!

いいぞ! 
「わんぱくでもいい、たくましく育って欲しい」だよな!
石の機嫌とって、ちやほや世話を焼く(浄化)より、がんばるぜ、おー!って方が楽しいじゃん。

この考えはスゲーいい! 賛成!
だから、タフでノリのいい石に育てるにはどうしてるかって聞いてみた。

Kさんはいくつもブレスを持っていて、全部をはめるのはとてもできないし、ご無沙汰のブレスもあるけど、腕にはめてる間は必ず「きれいだな」と思って見るんだそうだ。

だから、久しぶりで色がくすんで見えてた石でも、腕にはめてしばらくすると、つやつやして鮮やかになって、元気いっぱいに見えるって。

だよねー。
日干しされたり、塩漬けされたりするより、持ち主と一緒にいる方が、石だってうれしいに違いないし、それこそいい関係って感じがする。

時々、「簡単にできる浄化方法ありませんか」って質問を見かけるけどさ、「クラスターの上に置いておけばいいんですね〜」みたいなのって浄化になってないと思うんだよ。
ああしてこうしてこうやって、複雑な儀式をやれとは言わないけど、「やればいい」じゃなくて、ちょっとは心を込めてやって欲しい。

それよか、Kさんみたいに、持ち主がきれいだね、この石が好きだと思う心の方が石を元気にするに違いないっす。

いしころ太郎も、タフでノリのいい石育てるようがんばるぞ!
Kさん、しばらく師匠と呼ばせて下さい!
posted by いしころ太郎 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

通じるからいいってモンじゃないだろう

いしころ太郎っす。

いちお、パワスト好きってことで通してるっすが、パワスト好きっつーても色々ありまして、パワスト好き同士だからと言って話が成り立つとは限らないっす。

2ちゃんなんかで見かけるすが、「グリーンルチルって、ルチルはなくてアクチノライトだよ」って意見が出たりすると、「鉱物の話ウザイ」「教えたがりの鉱物ヲタ」って意見が出るっすね。

いしころ太郎は、ルチルとアクチノじゃ違うだろと思う。
ルチルって鉱物が入ってるからルチル・クォーツなんだからさ。
でも、ショップはそこらへんはいい加減で、たいていグリーンルチルで通してる。

だから、グリーンルチルがルチルじゃないと知らない人がけっこういて、勘違いしたままの書き込みがあるから、「実はアクチノだよ」って意見が出るんじゃん。
2ちゃんてパワストの集まりじゃ、やっぱ大規模なところだから、こういうところで「実はアクチノ」って正しい情報が出ることいいことじゃないすかね。

別に、この産地だったらアクチノじゃなくてトレモライトだ、いや、ドラバイトだなんて、それこそ鉱物ヲタなこと言ってるんじゃないんだから、「ルチルじゃないよ」くらいは全然OKじゃないスか。

それがよけいなお世話だ、教えたがりだってーのはどういうことだと思ってたら、こんな書き込みがあった。

>一般的な流通名で通じれば問題ないでしょってこと

そうかなあ?
ルチルが入ってるからルチルクォーツで、その意味があって、エレスチャルには、エレスチャルだからこそその意味があるってことっしょ?
それが実はルチルじゃなくて、エレスチャルでもない石が、グリーンルチルやエレスチャルとして売られてて、それで通じるからそれでいいって?

じゃ、実はガラスの練り水晶も「水晶」って売られてるから天然水晶と同じかい?
やっぱりガラスのチェリー・クォーツも、それで通じるんだから、クォーツじゃなくてガラスってのもどうでもいいことかい?

パワストは、鉱物として云々より意味やパワー重視っすけど、そもそも石の名前が違ってる、実は石じゃなくてガラスだよってくらいは、いくらなんでもはっきりさせとかなきゃやばいだろ。

自分が知ってるとしても、書き込みした人が勘違いしてるな、ってことなら、実は違うよ、くらいは言ってもいいんじゃないか。

>通じれば問題ないでしょ

ってのは、自分はわかってるんだから、分かり切ったこと、興味のない話はするな、楽しい話だけしてくれよってことにならないか?

「実は違うよ」って話をする方が教えたがりだというけどさ、それなりに気を遣うよ?
「鉱物ヲタ」「ウザイ」と言われる危険はあるし、言ったためにがっかりさせちゃった、実はその石がもらい物でトラブルになったり、そんなことがないように……って、どきどきしながらなるべく角が立たないようにやんわり言おうとは思ってる。

それに、実はアクチノみたいな話をショップがしてくれるケースは少ないし、個人がブログで書いたって見る人は少ない。
だから、2ちゃんで話が出るのはありがたい。
いしころ太郎も2ちゃんで知ったことがいくつもある。(もちろん、検索し直して確認したよ)

いしころ太郎は、
自分はわかってるんだからそれでいいじゃんとは言えない。
パワストだから、流通名だからいい加減でいいじゃんとも思えない。


これが偽物問題になると、加工してるならちゃんと書け、スーパーセブンとは言えない石をスーパーセブンでバカ高く売るなんてけしからん、 これって本物でしょうかって話になるじゃん。
こういうのってどういうものをどういう名前で売るかって判断がいい加減だから生じる問題だよね?
ここで「通じるからそれでいいじゃん」って言えるかい?

言えないよね。


posted by いしころ太郎 at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

当たり前のことを見失う

いしころ太郎でーす。

……コワ。の記事に追加。
別の石友に、そりゃちょっと考えすぎだろ、「何の意味が?」ってのは、もっと軽い意味で聞いていて、まさか他人におんぶにだっこで丸ごと任せてるわけじゃないよきっと、って言われたんだよね。

そりゃまあ、わかんな〜い、誰か教えて〜ってオメデタイ人ばかしじゃなくて、いちお、自分で感じてみて、でもわからないから教えて下さいって人が多くって、いざ質問するときには「自分で感じてみてわからなかった」ってとこを省略してるのかもしれないけど。

この省略って、実はこれもコワいかもしれないすよ。

あんまりくどくど長文ってのは、うざったいモンすから(自覚アリ。すんません)、簡潔にってのはいいスけど。
他の質問でもさ、ホントは当たり前のこともちょびっと書く方がいいと思うっす。
たとえば、いちお、調べてみたけどわかりませんでした、って書けば、ググレカスなんていわれないだろし、ただ、教えて下さいよりは印象もいいっす。

あー、ブレスだけど原石だけどってのは書いてもらう方がありがたいなー。質問する方はブレスってことが分かり切ってても、文章じゃわかんないすから。

って感じで、ちょっと補足すると質問する人の印象が良くなるとか、答える側とのズレが少なくなるってのがあるんすが、当たり前のことを省略しない方がいいなと思う理由は、まだある。

みんながみんな当たり前のことを省略しちまうと、いつの間にか「当たり前」のはずだったことが忘れられちゃうみたいだなと思うんすよね。
そうでなくてもmixiや2ちゃんてとこは「別に何もなかった」「普通」って人は書き込まなくて、「心配〜」「教えて」って人が書き込む傾向があるすから。

いしころ太郎は石歴長いけど、昨日今日からパワスト始めたって人もいるっすよね。
初めてだからよくわかんない。(これはあたり前)
わかんないから知りたい、調べたい。
で、調べていろんな意見を見てみたところがそこでの会話が「(自分で感じてみようとしたけど良くわからなかった)この意味は?」「(きれいだと思って選びました)この石どうですか。(いろんな意見を聞きたいです)」ってので、カッコの部分が省略された状態のばっかだったらどうだろ。
「意味は?」「この石どうでしょう」ってそう言うのがパワーストーンだ、そうなんだって思ってしまわないかな。

石の説明だって、店がいい加減なことを言い続ければ、すっかりそれが主流になっちまうし。

当たり前に考えれば当たり前なんだから、その当たり前にたどり着くきっかけってのは残しておきたいっすよね。


posted by いしころ太郎 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

……コワ。

いしころ太郎でーす。

石友さんと話していて、ふとした流れで出てきた一言が、ちょっとコワだったのでー。

常々いしころ太郎は、買ったばかりの石を「この石どうでしょう」と聞くのや、割れた色が変わった「これって何か意味があるんでしょうか」って質問に、どうして好きで選んだはずの石にそんなにも心配するのか不思議だった。
「石さん」のことが心配ってより、「この石何か悪いものじゃないでしょうか?」って感じの質問に思えるからさ。

意味でも見かけでも値段でも、これにしようって選んだ石を、そんなに気味悪がらなくてもいいじゃんよ。

自分の石がどうかくらい自分でわかる、とにかくいい感じ嫌な感じくらいはわかるんじゃないの?
もしかして「何でもないよ」とか、自分の期待する答えをもらって「やっぱり〜」と安心したいだけか。

なーんて、ちょっと斜め45度に見てたんだけどね。

「それって、自分の代わりに感じて欲しいってことだと思うな」

って話になって、一度はわははと笑ったけど、よく考えるとコワ。
そりゃね、自分はパワーを感じないからわかる人に見て欲しいって建前かもしれないけど、「わかんない」ってことで自分の考えを停止させて、他人任せにするってことだよな。

パワーストーンのパワーって、思いっきり精神的なことじゃん。
感じ方も人それぞれだと思うんだよね。
一応自分で感じてみて、嫌な感じはしないんだけど……とか、どうしても違和感がある、これは?ってならわかるんだけど、ぜーんぶ丸投げで「これって何の意味が?」ってのは、感じるってパワストの基本中の基本まで他人任せにしてるっぽい。

それってどうだろ。
自分の代わりに他人に感じてもらって、それで納得しちゃう?
それってパワスト?
それってヒーリング?
コワいよ。
posted by いしころ太郎 at 18:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

言ったモン勝ち

いしころ太郎でござる。

ふと、言い方って色々あるよなーと考えたっす。

ある石を検索したら、原石のつもりだったんだけど出てきたのがブレストかワイヤーのアクセサリーばっかりで。
いちお、見ていたらこんな説明が目に留まったんす。

「一つ一つ手作りした品だけを取り扱っております」

なんてこと無い説明なんだけどさ、手作りした品だけをっつーと、手作りじゃない品がありそうなニュアンスだなー、、、なんて。

だってさ、ゴムにビーズを通すブレスや、針金くるくるのワイヤーのアクセサリーなんて機械化されてないだろうし、一点一点デザイン替えて工夫して作っているか、同じようなのを量産しているかの違いはあっても、作る方法としては手作業じゃん。

それって手作りってことっしょ?

ほかにもある。
「人工ルチルが出回っておりますが、当店は本物のルチルだけを扱っております」

これって、「人工ルチルあり」を前提にしてるけど、本当に人工ルチルってあるかい?
ルチルって鉱物は合成できるけど、パワストで言うルチルはルチル入りの水晶のことだから、それを人工的に作るってことだ。
ま、水晶じゃなくてガラスもOKにしたところで、あれの人工ものってのは無いだろう。

って話が2ちゃんで出ると、絶対に「ある」「鑑別しないとわからない」って反対意見がでるけどさ、鑑別の先生を引っ張り出さなきゃいけないほど精巧な偽物なんて、ないない。

証拠にネットで「これが人工ルチルだ!」って、決定的な写真なり情報なり出たことがあるっすか?
あるってのは全部うわさじゃん。

実は「ある」より「ない」を証明する方が難しいんだぞ。
「ある」なら実物や写真を出して、「ほら、あるだろ」って言えば済むんだから、人工的に作った本物そっくりのルチル入り水晶があるというんなら、これだ!って、大々的に見せて欲しいっすよ。

これで「ルチルの偽物」って言い方ならルチルと言いながら実はトルマリンみたいなのは扱ってないよ、って意味かなと好意的に判断もできるんだけど、たいてい「本物のルチル」といいながら、実は入ってるのがルチルじゃないのも混じってたりするよな。

「ウチは人工じゃなくて本物のルチルだけ!」ってのは、人工のが存在するかどうかなんて関係なくて、「ウチのは本物」ってことだけを言いたいんだろうな。

これで、
「偽物のパワーストーンが出回っておりますが、当店は本物の天然石だけを扱っております」
だと、ちゃんとガラスはないよ天然石だよという意味のある説明になるんだけどさ。(それでも加工や染めまで無しとは言ってない。染めてあっても天然石だから)

言い方がどれもよく似てるから、ふーんと流しちまうけど、言い方微妙だよね。
ブレスやワイヤーのアクセサリーは、全部手作りだろうけど、「当店は手作り」は嘘じゃない。
ルチルも人工的に作ったルチル入り水晶はないだろうから、「当店は人工ルチルは扱ってません」も嘘じゃない。

あたり前のことをわざわざ言ってるだけ。
言ったモン勝ちっすね。

ただし、買う側は「本物、本物!」というセールストークに惑わされないよう、冷静に。
posted by いしころ太郎 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする