2010年11月15日

知りたい(わからない)と安心したいは違う

ども、いしころ太郎っす。

ちょっと毒吐いちゃうかも。

良くクラスターが折れた、欠けてたけど大丈夫か、とか、いろいろあれこれ大丈夫でしょうか、問題ないかって質問が多いけどさあ。

「大丈夫、心配ない」って答えが欲しいだけじゃないかって思っちゃうのは、いしころ太郎の考えすぎ?
いしころ太郎は、これこれこういう理由で心配ないよ、とか、こうだからちょっと違うんじゃね?って答えるけど、なんかさあ、「こういう理由」「こうだから」って部分がスルーされてるような気がするんだよね。

そんな細かいことまで聞いてないってのが本音かもしれないけど、大丈夫って答えだけ聞いても仕方ないじゃん?

「大丈夫」
「そうですか、安心しました!」
って、安心したいだけかいって思っちまう。
安心したいだけなら、そう書いて欲しい……ってダメ?
「だ丈夫」だけで安心できるなんてさ、そのくらいの心配だったら、ちょっと調べれば解決できるだろうに。

もう一つ、店を教えてくださいってのも、時には「ん?」って思っちまう。

信用できるいい店教えてくださいって、軽く言うけどさあ。
どっかに本物保証マークが付いてるわけじゃないんだから、信用できるとか偽物売ってないってのは、あちこちで石を買って、時にはハズレにあたったりして、当たりはずれを判断して、ここはアタリ率高め、信用できるって判断するわけじゃん。
「信用できる」ってのは、そういう手間をかけた結果なわけよ。
それを教えてってのは、「大丈夫」と同じで、手っ取り早く答えだけよろしくぅ、ってことだよね。

店を知ってる側が、ここは良かったおすすめっていうならいいよ、教えるも教えないも自由だから。
でも、自分は苦労せずに結果だけ教えてってのは、聞く方の気持ちほどには軽くない質問だぜ。

つけたし。
石の名前教えて、効果も一緒によろしくってのも同じな。
石の効果を知りたい、てのがまずあるんだろうけど、石の名前わかれば調べられるじゃん。
それを教えてくれってのは、どうかと思うね。

posted by いしころ太郎 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック