2007年09月23日

がっくし。

※スーパーセブンについてはこっちに書き直してるんでよろしく。
http://sorry-pwerstone.seesaa.net/article/96851052.html


気ィ抜けてるいしころ太郎っす。

更新されてた某ブログ。
「スーパーセブンは存在しない」ってアレ。
続き出ました。

気ィ抜けたっす。
なんつか、それかよってか、そこかヨ、そんだけかよと、ツッコミ不発の脱力っす。

まー、実際は七つそろってないのばっかりだから、スーパー「セブン」じゃない、だからそんな石は存在しない。
そーゆーこったろうと思ってたっすけどー。

それ以上に、気力をごっそり奪ってくれたのは、鑑別の人が「スーパーセブン、それ何?」って言ったのに対して、びっくりしたというトコ。
鑑別の人は、たいていが宝石関係、よく言って有名な半貴石くらいが守備範囲だろ。
そういう人がスーパーセブンなんて、ばりばりヒーリング関係の名前を知ってるわけないと思う。

そこでびっくりされても困るんだよなー。
そんな程度で何を言うかなー。

で、話は鉱物としての話になる。

ここで第2の不思議。
スーパーセブンの条件である七つ(クリアクォーツ、アメジスト、スモーキークォーツ、ゲーサイト、レピドクロサイト、カコクセナイト、ルチル)が、鉱物名とインクルージョン名がごちゃ混ぜにされているってことで、七つの条件を鉱物名とインクルージョン名で分けている。

インクルージョン名って何だよ、というツッコミもしたいんだが……だって、インクルージョン名のところに入れられたゲーサイト、レピドクロサイト、ルチルだって、立派に鉱物だし。
インクルージョン名って言い方は聞いたことがない。

ベースになる鉱物と、中に入ってる鉱物のことなんだ、と無理矢理納得しておこう。

問題はカコクセナイトだ。
ここで、アメジストやスモーキークォーツに黄色いゲーサイトのインクルージョンが含まれるものがカコクセナイト」だと言ってるが。

そういう言い方をしてるところがあるのは知ってる。
でもさ、だとしたら、カコクセナイト、カコクセン石、cacoxenite、そういった検索で出てくる、アメジストやスモーキークォーツの中に入っていない、茶色のウニみたいなあの鉱物は、何なんだ?

いくつか拾い読みしてみたけど「アメジストの中の黄色いゲーサイト……」という説明は、出てこなかった。
これは何だ。

いしころ太郎としては、ちょっとつついておきたい。
「アメジストの中に……」と書いてあったのが「日本宝飾大辞典」で、話を聞いた鑑別機関というのが全国宝石学協会や中央宝石研究所だ。

全部、宝石・宝飾関係なんだよな。

ここに落とし穴があるんじゃないか?
ちょっと前に、ヤフオクでスーパーセブンのことを現地では「カコシータ」と呼んでるといってたが、その後、カコシータってのがカコクセナイトのことで、カコクセナイトが入ってるアメジストをカコシータと呼んでいるんだと言うことを知ったんだが。
それと同じことで、鉱物としては、単独でカコクセナイトというのがあり、宝石関係ではアメジストやスモーキー・クォーツの中に黄色い針状の結晶が入っているのを「カコクセナイト」といってるんじゃないだろうか。
同じ名前だが、鉱物と宝石で意味するところが違う、ということ。

そうとでも考えないと、カコクセナイトとして出てくる鉱物の説明がつかない。

さらに疑問は「確認をとって」「……であることがわかりました」といってる、このブログの人は、自分でカコクセナイトを調べたんだろうかってこと。
「調べてわかった」みたいなことも書いてあるけど、調べたんだとしたら、ただネットで検索しただけでも単独カコクセナイトは確実にヒットする。

それを見て疑問に思わなかったのかね?
いしころ太郎は、大いに疑問だ。
だから、「アメジストに……」というカコクセナイトは、宝石関係の言い方だ」と自分を納得させようとしてるわけなんだけどさ。

話の中には堀センセの名前も出てきた。
ちょこっと裏話しておくと、天下のホリミネラロジーも、水晶の中のゲーサイトとルチルを間違えたことがある。
ゲーサイトとレピドクロサイトは、見た目だけじゃ区別できないと聞いたこともある。

「鑑別でこういう結果出ました」というのをかなり根拠にしてるけど、見るからに同じ石(ビーズ)が、別々の店で別々に鑑別に出した結果として、違う名前で売られていたこともある。
鑑別も、必ずしも万能じゃない。

あー、こんなこと書いて、スーパーセブンが存在しないなんてのはガゼだ、と対抗するつもりはないよ。
いしころ太郎も、七つそろったスーパーセブンなんて実はないんじゃないかと思ってるし。

でもさ、いかないしころ太郎でも、鑑別で「スーパーセブンでした」という結果が出るとは思わないし、それを根拠にしようとは思わない。

畑違いなんだから。

何より誤解してると思うのが、
「ヒーリングストーンとしての側面を持っている」という一文だ。
そういう側面があるんじゃなくて、スーパーセブンはヒーリングストーンそのものだろ?
イメージとして扱うべきものなんだよ。
ヒーリングストーンの側面と鉱物の側面があるとしたら、ヒーリング面の方がメインだ。間違いなく。

だから、本来はメロディーさんがスーパーセブンについて言っていること、直接言ったことにフォーカスして、まずはそこを検証することから始めた方が良かったと思う。

情報操作云々といってるが、名付け親であるメロディーさんの言ってることメインに据えない限り、業者が拡大解釈していい加減な売り方をしていることに文句を言っても、スーパーセブンそのものの存在には手が付けられない。
業者のいい加減な商売と、スーパーセブンが存在するしないは別問題だ。

ためしに、メロディーさんのセミナーを開いたウォーターホィール社(日本)にも聞いてみるといい。
「スーパーセブンは本当に存在するのか」と。
鑑別結果を引き合いに出すのなら、本当はメロディさん自身の見解も出さなきゃ、バランスがとれないんじゃないの?
posted by いしころ太郎 at 00:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>鑑別も、必ずしも万能じゃない。

これは、本当。
ビーズ屋さんにつっこむと分かります^^。
以前に、
「ストロベリー・クォーツ」の内包物の件で、わざわざミネラルショーにその質問をするために足を運んだことがあり、そのあともメールで石屋さんとやりとりして、「自分で結論を出した」ことがあります。
最終的には、「とらえ方を決めるのはこっち」となるんですね。

ところで、カコクセナイト、きゃわゆいですよね。
こいつが入ったアメシストエレスチャルのタンブル、どっかやっちゃったんだよな〜〜〜。どこ行ったんだろ。

個人的には、そのメロディさんのおっしゃる名文句は好きですけど、ぜんぜん鵜呑みにはしてないですね・・・

ただ、7つ入っていなくても、この石はすごく好きですけどね。どのタイプでも^^
Posted by 神崎詞音 at 2007年10月01日 01:57
石を調べるにも、いろいろ方法があるみたいっすね。

堀センセのとこでも、目で見るだけ、機械を使うのも非破壊と粉末の検査があるみたいだしー。
他のところを見ると、鑑別とソーティング(簡易鑑別)に別れてるところもある。

見た目って問題になってるゲーサイトやレピドクロサイトは、目で見て見分けられないんですよねー。
でも、ソーティングの結果なんですよねー。

いしころ太郎も、中身いろいろ入ってる石好きっす。あちこちから見て飽きないし、得した気分。
Posted by いしころ太郎 at 2007年10月02日 14:57
♪オバハンが決めた産地、鉱山だけのが本物って個人が勝手に決めるなっつー話だわ。
世界中でどんな鉱物がどこにあるかなんて、この世の人間全てが把握も出来ていない。
まるで、日本の翡翠マニアが、日本で取れる翡翠だけが本物、他はいらないとゆう感覚に似てるわね。

超七石なんて、大きな鉱物の塊の中に7つ入っていれば、
そこから切り出した石は、全ての成分が入ってないビーズでも全て超七石とゆうらしいわ。

大事なのは呪われた石でも大事にする心よね。

アタシの海彼とか、Nさん&Mさんも同じ事ゆってるわよ。
Posted by 真水@美保 at 2007年11月23日 21:18
真水@美保さん

そーですねー、メロディさんは、たぶん世界の鉱物についてはくわしくないっしょ。
でも、詳しくなければいけないともおもわないっすけど。

詳しくないオタク崩れがわけのわからんことを言ってるインチキだっつーなら、スーパーセブンの名前を使わすにレピドクロサイト入り水晶とでも言えばいいんじゃないすかね。
スーパーセブンの名前を使うなら、礼儀として名付け親の言ってることは「……というお約束で」と、形だけでもそういうことにしとくのが筋で、そこで産地や鉱山が指定されてるなら、それも「お約束」っしょ。

その「お約束」をその程度尊重するかは人それぞれっす。

「お約束」そっちのけで畑違いのことでとやかく言うのは、はぁ?って感じっすよ。
Posted by いしころ太郎 at 2007年11月24日 15:29
好きで購入するならそれでいいと思う。私はスーパーセブンが好き。本当は怖いブログの人が扱う石が可哀相。        他社は詐欺で自分は完璧といわんばかり。それならビーズ抜き打ちじゃなく全部鑑定して売りなさい。屁理屈です。
Posted by nana at 2008年01月14日 19:20
nanaさん

気分わかるっす〜!
「存在しない」ってあの言い方は、「好き」って人の気持ちを無視してるっすよね。

それも、鉱物的って一方的な基準だけで「存在しない」と言いきるのは変っす。
納得できないっす。

それに鑑別で箔付けして売るなら、鑑別機関を明らかにして欲しいっすよね。

ってか鑑別までして売るならハーキマー・ダイヤモンドとか言わずに水晶というとか、そっちの基準に従ってパワスト的売り方しないで欲しいっす。

屁理屈に屁理屈コネ返してやろうかと考えている今日この頃っす。
Posted by いしころ太郎 at 2008年01月15日 12:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック