2019年09月12日

報告。

石は続けてるよ。
posted by いしころ太郎 at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

なんで気になる?

いしころ太郎ッス。

最近さあ、
今日(昨日とか、とにかく数日以内)、ブレスを作りました。
石はこれとあれとそれとあれこれで、これこれこういう希望に合わせて選んでもらいました。
石の組み合わせや相性はどうでしょうか」

ってー質問が目につくんだけどさあ。

変じゃね?


だって、選んでもらったつーなら、自分で作ったんじゃなくて店で作ってもらったんだよな?

希望に合わせて選んでもらったっつーくらいだから、店の人は石の意味については知ってるってことだよな?
だからその店でお任せしたんだよな?

なのに、なんでそのブレスの組み合わせの良しあしを気にしなきゃならないんだ?
石の意味を知ってて、希望に合わせて組み合わせて、客のために作ったブレスだぜ?
相性が悪いわけないだろうが。(少なくとも建前上は)

相性はどうでしょうかって質問は、まさか悪かったりしないよねって心配してるってことだろう?
そんな心配するってことは、作ってもらった店もブレスも信じてないってことにならねーか?
ついでにその店を選んで作ってもらうことにした、自分自身も信じてないってことだぜ?

自分が何を言ってるか、もうちょっと考えてみてくれよ。
posted by いしころ太郎 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

パワーを生かせるかどうかも大切だ

いしころ太郎でーす。

なるほどって納得できる話があったので、忘れずに書いておこうっと。

いしころ太郎はブレスをしないんで、眺めてるだけなんだけど、意味は気にしなくちゃいけねーわ、石と石の組み合わせも色々あるようだわ、できたらできたで相性がいいの悪いの、役目が終わったの寿命が尽きたの、いろいろたいへんだね〜と思う。

タンブルみたいなアクセサリーじゃない石だって同じことかもしれないけど、少なくとも石と石の相性とか組み合わせは気にしなくても良さそうじゃん?

石友Kさんが、頼まれてブレスを作ってるって言うから、大変じゃない?って聞いてみた。
Kさんはそんなに意味オンリーの人じゃないけど、作ってもらう方はそうじゃないだろうから、ああしてくれ、こうしてくれとうるさくて、結局効き目がないって文句言ってくるんじゃないかと。

そしたら、一応ある程度希望を聞くけど、意味だけで作ってるわけじゃないよと先に言ってあるから、効き目がないって文句までは来ないみたい。
でも、やっぱりこうしてくれ、石を変えてくれって希望はあるって。

大変だな〜。いしころ太郎だったら、やってらんない。
でも、Kさんは石と人との関係が見えておもしろいよと言う。

作って欲しい人の希望はいろいろで、何か願いがあってと言うだけじゃなくて、アクセサリーとして欲しい人、お守りに欲しいって人もいる。
案外そういう人は、出来上がりブレスの全体の感じで納得する人が多いって。

「好みはいろいろだから、大きい石のブレスだったり、淡い色だったりするけど、不思議と見た目のバランスがとれてる。そういうのって、パワーのバランスもいいみたい」
って、Kさんは言う。
スギライトとか、すげーパワーがあるっていわれてる石を使ってたとしても、選んだ他の石と釣り合いが取れてて、結果マイルドっていうか、着けててつかれないって感じなんだって。

そういう人は、その人自身もバランス(心のバランスってこと)が良くて、バランスがいい同士、人とブレスが釣り合っていて、安定感抜群で、たまたまどっちかがバランス崩しても、残る一方がバランスを保ってるから大きく崩れることなく回復する。
持ちつ持たれつで、このブレス相性がいいって喜ぶ人が多いっていうから、なるほどだよね。

ただいま現在何か悩みがあるって人の場合、気分が落ち込んじゃってとか、ちょっとバランス傾いてる場合、それをヨイショと持ち上げるってか、人とブレスでトータルバランスが取れる関係になると、やっぱり相性がいいと感じるらしい。

問題は、何か明確な願望があって、そのためのブレスって思い詰めてる人。
やっぱりね。
薬じゃあるまいし、石に必ず具体的な効き目があるわけじゃないけど、恋愛恋愛って思いながら選んだ石は、そういう傾向が出ちゃうらしい。
そういうブレスは、良くいえば目的が明確なブレス。悪く言うともともとバランスが取れてない、Kさんの言葉を借りると、傾いてる分だけ勢いがある、勢いだけはあるブレスなんだと。

「とにかくある方向に突っ走りたい系のブレス。
でも願いが恋愛だとしてもそういう傾向だと言うだけで、望む方向に突っ走ってくれるかは、持ち主がちゃんと手綱を取ってないとわからない」
……って馬っすか。

ここでいしころ太郎は想像したね。
石選びでざくっと恋愛方向に走るブレスになったとしても、騎手である持ち主の手綱さばきがむちゃくちゃだったら、方向違いに突っ走っちまって、途中で方向転換させたりなんだかんだで遠回りになるとか、そもそもゴールが見えてなくて、いい加減走ってから「こっちは違う」って慌てるとか、振り落とされたりするんじゃないか?

つまり、ブレスの勢いをうまく生かせる目的意識ってか意思がはっきりしてる人は効き目があったと感じるけど、何となく恋愛とか、自分も何かしよう、変わろうって意識がない、誰かになんとかして欲しいって人は、うまくいかないってこと?

ってきいたらKさんは大笑いして頷いて、
「で、そもそもそのブレスは目的に向かって動くためにまえのめりにバランスが崩してあるから(意図的に崩してるわけじゃないけど、そうなっているってこと)、釣られて持ち主のバランスも崩れやすくって、結局相性が良くないとか、変えて欲しいってことになるみたい」

意思と意思との相性より、持ち主とのバランスの方が影響が大きいらしいよ。

なるほどねえ。
自分は何にも変わろうとしないでい石と相性が悪いって言ってる人、多いよねえ。
なにもしないってか、自分はそのまんまでまわりを変えて欲しいっていうか。
それじゃうまくいくわけないや。





posted by いしころ太郎 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

石でバリア?

石ころ太郎っス。

なんか、パワストにいちゃもん付けてばっかりで、アンチパワストって見られそうだけど、実はパワスト好きっす。
好きだから、あまりにもヘンテコな意見に文句言ってるんだと思ってもらえれば。

だって、好きなものを怪しいもの呼ばわりされたり、だからパワスト好きはよって白い目で見られるの、嫌じゃん。
それに、イマドキのパワストは、どんどんおかしな方向に行っちゃってて、ちょっと待てーッて言いたいんだよね。

今回の「ちょっと待て」は、「電磁波遮断」

そ。電磁波遮断

ローズクォーツには電磁波遮断の効果があると聞いて……って話で正直、ぶっ飛んだっすよ。

恋愛運とか金運とか、復活愛でも合格祈願でも、縁切りでも、考えようによってはどうでもなるような効果なら、ん〜、まあ〜、そういうこともあるかも……あったらいいねっていえるけど、電磁波遮断?

そういう科学的物理的土俵にのせるな。

でさあ、そういう説明聞かされた方も、もちょっと冷静に。
電磁波遮断でぐぐってみ?
エプロンみたいなのが出てくるじゃん。
ああやって体の前面を覆うことで、体への影響を防ごうってんだろ?

それを、どうやったら石のブレスが肩代わりできるって?
百歩譲って電磁波通しませんって効果があったとしても、ブレスに隠れてる手首のとこだけ遮断ってことじゃね?

それともなにかい、ブレスをはめてるとブレスから何かパワーが放射されて人間のまわりにバリアーを張って、電磁波を遮断してくれる?

それって、すっげーSF!

この石は、人体のまわりに見えないバリアーを張り、あなたを電磁波から護ります。
なんて説明があったら、信じるかい?
ぶぶって笑っちまわね?

でもさ、「電磁波を遮断する効果があります」ってのを、ホイホイ信じるってのは、そういうことだぜ?

別んとこでは「テレビのそばの石にひびが増えた、これは電磁波のせい?」ってのがあったけど、石を物理的にクラッシュする電磁波が出てたら、石が割れる前に人間がアウトだよな。
そんなのが売られてたらすぐにニュースになって大騒ぎだよな。

ってことで、電磁波遮断、信じる?




posted by いしころ太郎 at 15:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

その隙にプラス

いしころ太郎っす。

いつの間にか2011年、すっげー出遅れご挨拶ですんません。
って、誰も読んでないか。マイペースでゆるゆる行こうっと。

ゆるゆるってったって、内容は毒含みかな〜。

趣味の似た石ともさんと雑談しててさ、繰り返しになるけど
「なんで、みんなあんなに心配ばっかしてんのかね〜」
「心配するのが楽しいんじゃないの?」
って話になった。
心配すんのが楽しいってのも変だけどさあ、起こってることは心配なんだけど、こんな不思議を起こす石を持ってる自分ってスゴイ?みたいに、無意識に考えたりしてんじゃないのかと。
本当に心配で怖くってどうしようと思ってんなら、2ちゃんやmixiで悠長に「どうしたらいいんでしょう、怖いです」なんて言ってらんないじゃん?
いしころ太郎としては、これって一種のなれ合いの儀式かなって思ってる。

そしたら、石友さんが言うわけよ。
「勝手に心配させとけば〜?心配してたって、いいことないし。
その隙に、こっちはプラス思考で楽しくやってりゃいじゃん」

おお、いいね。
心配したいとこにはさせといて、その隙にこっちはこっちで。
プラス思考に考えるってのは、いろんな自己啓発本でも書かれてんだから、わるいことはないやね(常識の範囲内では)。
プラスに楽しく考えられる奴は考えて、プラセボ効果でもなんでも利用すりゃいいんだよな。

プラセボって、本当の薬と、形だけ薬の偽薬を混ぜて、何人かの患者に「薬だよ」って飲ませると、偽薬を飲んだ人にも効果が現れることがあるって思いこみ効果の例が良く出てくるけど。

あんまイメージよくないけどさ、思いこみだけで薬なしで改善されるなら、思いこみの力ってすごいじゃん?
たぶん、本人の同意なしで騙すことになるからイメージが悪いだけで、思いこみってか、心が体にそんだけ影響を及ぼすって考えると、「おっ」て思わねえ?

そりゃーさあ、いくら思いこんだって無理だろってのはあるけど、もうちょっとがんばればって場合や漠然と安心したり癒されたいって場合は、思いこみって結構いけるんじゃないか。
自分で意識して思いこむのは難しいかな。
でも、何もなくて「自分はがんばれる、がんばれる」ってやるより、石をダシにした方がやりやすそうじゃんよ。


 
posted by いしころ太郎 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

知りたい(わからない)と安心したいは違う

ども、いしころ太郎っす。

ちょっと毒吐いちゃうかも。

良くクラスターが折れた、欠けてたけど大丈夫か、とか、いろいろあれこれ大丈夫でしょうか、問題ないかって質問が多いけどさあ。

「大丈夫、心配ない」って答えが欲しいだけじゃないかって思っちゃうのは、いしころ太郎の考えすぎ?
いしころ太郎は、これこれこういう理由で心配ないよ、とか、こうだからちょっと違うんじゃね?って答えるけど、なんかさあ、「こういう理由」「こうだから」って部分がスルーされてるような気がするんだよね。

そんな細かいことまで聞いてないってのが本音かもしれないけど、大丈夫って答えだけ聞いても仕方ないじゃん?

「大丈夫」
「そうですか、安心しました!」
って、安心したいだけかいって思っちまう。
安心したいだけなら、そう書いて欲しい……ってダメ?
「だ丈夫」だけで安心できるなんてさ、そのくらいの心配だったら、ちょっと調べれば解決できるだろうに。

もう一つ、店を教えてくださいってのも、時には「ん?」って思っちまう。

信用できるいい店教えてくださいって、軽く言うけどさあ。
どっかに本物保証マークが付いてるわけじゃないんだから、信用できるとか偽物売ってないってのは、あちこちで石を買って、時にはハズレにあたったりして、当たりはずれを判断して、ここはアタリ率高め、信用できるって判断するわけじゃん。
「信用できる」ってのは、そういう手間をかけた結果なわけよ。
それを教えてってのは、「大丈夫」と同じで、手っ取り早く答えだけよろしくぅ、ってことだよね。

店を知ってる側が、ここは良かったおすすめっていうならいいよ、教えるも教えないも自由だから。
でも、自分は苦労せずに結果だけ教えてってのは、聞く方の気持ちほどには軽くない質問だぜ。

つけたし。
石の名前教えて、効果も一緒によろしくってのも同じな。
石の効果を知りたい、てのがまずあるんだろうけど、石の名前わかれば調べられるじゃん。
それを教えてくれってのは、どうかと思うね。

posted by いしころ太郎 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

わかんねー

どもー、いしころ太郎っすー。

パワスト好きのくせにパワストにいちゃもん付けてまス。

またまた某所ネタ。
いや、あっちこっちで見かける質問なんだけどさ、考えてもやっぱ、わかんねーわ。

質問てのは、
「ブレスが切れました。直してもいいものかどうか悩んでいます」(リライト済)
ってもの。

この手の質問には、さっくりと
「直しておK」
てすむ話なんだけど、実は疑問なんだよね。
何で悩むかねえ?
って思ってたらちょうど「何を悩んでるんですか」って逆質問の例があった。

「直してもいいものかどうか」
「大丈夫だけど、何を悩んでるんですか」
「ブレスが切れたとたん悪いことが続いたので……」

ますます、わからん。

このほかにも
「直すとブレスの効力が消えてしまうんじゃないかと思って」
「何かの悪い前触れでしょうか」
ってのもみかけたけど、わからんなあ

いしころ太郎は、ゴムなんて切れて当たり前、ブレスは人間が作った形なんだから、身に着けたけりゃなおせばいいじゃん、て思う。
石はもともとパワーを持ってて、それを肌身離さず身に着けたいってのは人の都合だからさ。

でも、ブレスって形にすることで何らかのプラスαがあるとか、ブレスだから特別なパワーがあるんだとしたら、そのブレスがぶちっとちぎれてしまった、だからパワーがなくなった、もしくはブレスがちぎれたことが何かの警告だったってなら、わからなくもない。

でも、それがどうして「直してもいいかどうか悩む」ってことになるんだろう?

最初の例みたいに、ブレスが切れたとたん悪いことが続いてって話なら、さっさと繋ぎ直したいと思わね?

ブレスが切れた、だから効力がなくなったってなら、つなぎ直したら復活するかもしれねーじゃん。
つなぎ直してもパワーが戻らないってことでも、切れた段階で効力がなくなってんだから、同じだよね。
効力ないけどアクセサリーとして身に着けたいか、効力ないんだったらいらね、か、どっちかなわけで「直してもいいかどうか」なんて話になるかなあ?

ブレスが切れたのが悪いことの前触れ。
これって「悪いことが起こるよ、気を付けて」って意味でブレスが自らぶちって切れたってことだろ?
つまり、警告ってわけで、別にブレスが悪さをするわけじゃないじゃん? 

「知らせてくれてありがとー、気を付けるよ」って感謝の気持ちで直すもんじゃないの?
中には警告したことでお役ご免で役目を終えたからバイバイって人もいるかもしれないけどさ、どっちにしてもさっくり直すか、役目終えたから処分するかのどっちかで「直してもいいかどうか」ってのは、変じゃね?

まるで、切れたブレスを直すと悪いことが起こるんじゃ?って心配してるみたいに思えるんだ
けど、なんでそんな心配するかねえ?
普通に考えて、直したら悪いことが起こるなんておかしいじゃんよ。
最悪、効力がなくなって戻らないってくらいじゃねえの?

切れたら土に返しましょう、そして新しいもの買いましょうってのは店のセールス以外の何ものでもないぜ。
そのまま持ってると運気を下げますってなら、切れるゴムで作るなよ。
壊れない金属製のバングルにするとか、くりぬきのバングルか、そういう丈夫なものを勧めろよ。壊れたら運気を下げるような危険物を勧めてるなら問題だ、そう言っちゃうぞ。

posted by いしころ太郎 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

パワーストーンっていうからにゃ

いしころ太郎っす!

某所で「パワーストーンはヒーラーなど専門家に浄化して念を入れてもらわなければ、ストーン本来のすばらしい作用が減ってしまうのを知ってますか?(←ちょい、リライトしてます)」って一文を読んで、不覚にも「ぷ」って吹き出してしまったっすよ。

専門家とやらに念を入れてもらった結果の作用って、石の作用か? それとも専門家先生のお力か?
いしころ太郎はパワスト好きだから、どうせなら石の作用がいいねえ。
だから変な念は込めないで、石本来のパワーで勝負して欲しいぞ。
専門家先生のてなんか煩わせなくても、自分で選んで、選んだ石とは押しの一手で仲良くなって、一緒にがんばる。(一緒にってとこがミソ)
それでこそ、自分の石ってもんよ。

あのさ、浄化とか相性とか専門家に選んでもらわないととか、いろいろ特別っぽいことが必要だって話があるけどね、だから石って特別なんだと思うのはちょっと待ったほうがいかもよ。

その方が、楽しいって面があるのは確かだけど、言い換えたら石が本来持ってるパワーだけじゃ足りなくて、儀式やヒーラーの念で底上げしないと働いてくれない石ってことじゃん。

どんだけ弱い石だよ。

んにゃ、弱いってんじゃなくて、わざと遠回りして石にアクセスしてるってか、石と人との関わりをわざわざ複雑でわけわからんものにしてるんじゃないすかね。

たとえば石を彼女(彼)と例えて、告白する(石を選ぶ)にしたって
「年齢もあってるし、顔もそこそこ美人だし、学歴や趣味も問題ないし、だれそれ先生(専門家)がこの人はいいと勧めてくれた、だから好きです」ってより「君が君だから好きだ!」ってストレートに告白した方が、相手(石)の心に響くと思わないか?

だいたいさあ、良く石は専門家に選んでもらった方がっていうけどさ、パワストの専門家ってなんだよ。
天然石検定ってのがあるけど、あれは教科書を見る限りではパワストじゃなくて鉱物系。
もしかして故ジェーン・アン・ダウみたいなヒーラーのセミナーを受けた人?
でも、店を持ってて石を選んだりしてる人は、セミナー出身者ばかりじゃないよね。
「セミナー卒業証書」みたいなのを飾ってるのを見たことないし。
何か不思議な力を持ってる人?(霊が見えるとか)
でも、それは本当に力があるかどうかなんてすぐにはわからないと思う。

お店の人だから専門家ってのは違うよなあ。
全然石のこと知らない店員もいるし、最近ブレスを作り始めてすぐにショップをはじめる人もいる。ここでいしころ太郎がひょいと思い立ってショップをはじめたら、いしころ太郎はそこで専門家になるのか?
自分で自分を笑っちゃうね。

石のパワーって、大部分が思いこみのパワーでもあるけど、せめて石のパワーだと思ってやろうよ。専門家、専門家って言いすぎない方がいいんじゃないのかな。
posted by いしころ太郎 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

こんなとき、どうする?

いしころ太郎でーす。

よく、この石なんですか?って質問があるけど、あれで違う答えが出てきたら、質問した人はどうしてるんだろ?
多対一で片っ方の答えが多かったらそっちかなって判別できるけど、半々で票が割れたり、そもそも「A石でしょう」「B石だと思う」って答えしかなかったら。
たいてい「ありがとうございました」で終わっちゃうけど、その後が気になるなあ……。
名前が知りたくて聞いたんだろうけど、決められないんだから。
聞いた名前で検索して自分で判断を付けようにも、微妙な場合は困るよね。

「全然わかんない」から、「AかBのどちらか」に絞られたらそれでいいのかな。
posted by いしころ太郎 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

持ち主の影響ってさ

いしころ太郎でーす。

某所でこんな書き込みがあった。

>石は思いがこもるっていうからね
>だから綺麗な心の人に売ってほしい、作ってほしい

気分はわかるけどー、考えると変だよな。

山で石を掘った人、運んだ人、卸、小売り、買った人(持ち主)、石に関わった人のなかで、一番石と関わりが深いっていったら、持ち主じゃん?

それで言ったら、石に一番影響を与えるのも持ち主じゃん?

いい人に作ってもらった(つまりブレスってことだと思う)物がいいというのが本音だとしてもさ、どうせ自分(持ち主)の影響を受けるわけだよ。
でもさあ、いしころ太郎は自分で自分を「心綺麗です」とは言えないよ。
特別悪人だとも思わないけど(思いたくないけど)、人っていいところも悪いところも、それぞれあるじゃん。
奇跡的に心が綺麗な人に作ってもらえたとしても、そうじゃないいしころ太郎が持ったら、いしころ太郎の影響を受けて、いしころ太郎の念が籠もると思う。

なんだかさあ、念だの他人の影響を心配する人って、自分の影響のことを考えないよね。
他人の影響を受けたら、受けっぱなし。相性が悪ければ悪いまま。
そんな感じに考えてるのが多くないか?

そりゃないだろう。

他人の影響を受けるなら、持ち主の影響の方が大きいに決まってるし、相性なんて時間とともに変わる。
石との関係は、変えられる。

だからこそ、じっくり楽しむ意味があるんじゃん。
「石を育てる」って考えは、だから好きだ。
posted by いしころ太郎 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

極端は盲目と同じくらいやばい

いしころ太郎でーす。

ちょっと前の話題になるけど、大槻教授が、アグネス・チャンにかみついたとか。
パワスト・ブレスで効能を謳うのは薬事法違反だ、インチキだって?

ごもっともといやあ、ごもっともなんだけど、普通の人で「よくいった、さすが教授!」と手を叩いた人はどれくらいいるんだろうか。

言っとくけど「普通の人で」だよ。
もとからパワストに否定的な意見を持ってるアンチの人は含まない。

大槻教授といえば、UFOは信じない、オカルトは信じない、科学で証明できないものは信じない……まあ、そういうキャラが売りのタレントって感じだよね。
キャラははっきりしてる方がわかりやすいし、使いやすい。
「常識的に考えて、パワーストーンは説明通りの効能が約束されているものではあり得ません。」
なんてバランスのよい模範解答をしたって、テレビとしてはおもしろくも何ともないからね。

今日のいしころ太郎は、おもしろくないことを言うぞ。

今回の件はパワストブレスも大槻教授もどっちもどっち。

パワストブレスを持ったらこんな幸運が! な〜んて、いかにもな売り文句を素直に信じちゃうオメデタイ人はどうかと思うけど、大槻教授の意見は、正しいようでいて大変失礼だ。

「薬事法違反だ! いい加減なことを言って人を惑わしてる」みたいなことをがみがみ言ってるが、普通の人が、あんなバレバレうさんくささ100%の説明を素直に信じると思うかい。
買うにしたって、ま、乗せられてやるか……って苦笑いしながら買ってる人がほとんどだよ。

科学という印籠を手に、私は正しいことを入っているぞ、文句あっか!
とふんぞり返られても、うさんくさいパワスト説明と同じで「はいはいはい、わかりましたあなたは正しい、ちょっとうるさいから黙れ」てなもんだよ。
一般人をそんなに見くびるなよ。

でも、パワストがうさんくさい説明で売られてることが多いのは事実だ。
あっちゃこっちゃでそういうのがはびこってるのを見ると、もしかしてそんなのを信じるオメデタイ人が実は多くて、商売として成り立ってしまってるんだろうか。

だとしたところで、大槻教授みたいにかみつくのは反対。
パワストに効果はないというけどさ、うさんくさい説明通りの金運や恋人できました効果はなくても、石を持つのが楽しい、きれいなものを見るのはうれしいって、気持ちのプラス効果はあるだろ?

それも科学で証明できないからって否定する?

アンチの人の嫌なところは、まず、否定ありきのところ。
某所でもパワストアンチのコミュでレムリアンシードみたいなのを、テキトーに名前を付けて高く売ってそれをホイホイ買ってるパワスト好きってヤツはさぁ、見たいなことになってるけど、パワスト好きの奴らはああいうのを一から10まで信じ切ってるってあたりですでに間違ってるよ。
パワスト好きっていってもいろいろで、中には嫌いだから買うよってのも多いからさ。
実はパワスト好きって奴らはこんなもん、って見下すことで自分が優位に立ってる気分になってるんじゃないだろうか、無意識に。

んでもって、返す刀でなんだけど、一部パワスト好きもちょっとね。
パワストってのは、科学とは相容れないものだ。だけど、科学とは違うなりに筋の通った考え方で成り立ってるものだと思うんだよね。
でも、現代人って、かつてはみんなわかってた科学以外の筋(筋が通るの筋)をわすれちゃって、良くも悪くも科学的筋の通りしか知らない。つまりパワストみたいな科学以外の何かの考え方を知らないから、それは未知のものになってしまって、未知のものだから何でもあり……ってか、未知ってとこでとまっちゃって、対処できなくなってる、だから噂に振り回されてる一面があると思ってる。

そういういしころ太郎はどうなんだっていわれそうだけど、いしころ太郎だてわかってるとは言えない。
でもとりあえず科学とは違う筋の通り方があるんだろうなって思うから、とりあえず自分にわかるところから、自分なりの筋は通したいと思ってる。
何でもあり、じゃない。
線もかなじゃないと手に負えないものでもない。
科学じゃないけど当たり前に考えればそうだよね、ってとこかな。
posted by いしころ太郎 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

南インドォ!?

過ぎゆく夏を惜しみ……どころか、さっさと行っちゃってくんないかなあとぼやいているいしころ太郎っす。

変な説明を発見!

>一番最初に「エレスチャル」という名前がつけられたのは
>南インド産のものだといわれています。

確かに、エレスチャルって名前のビーズでよく見るのはインド産ぽいのが多いけど〜、エレスチャルって名前を付けたのはジェーン・アン・ドゥさんとカトリーナ・ラファエルさんだったよねー。
そんでもって、この人たちがその名前を付けたのは、ブラジル産水晶なんだよねー。
だって、そのころアメリカのヒーラーのもとには、地元アメリカと良くいってブラジルの水晶しか入ってこなかったらしいから。

ブラジルを差し置いてインド産が最初にエレスチャルなんて、ないない。

ビーズで最初にエレスチャルってならあり得るかもしれないけど、ビーズでエレスチャルってのがそもそも変なんだからさあ。
こういう変な説明が混乱の元だよ。
posted by いしころ太郎 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

受け取り側にもひとこと言いたい

半分溶けてるいしころ太郎っす。

パワストブレスって、難しいものなんすかねえ?

いしころ太郎は、好きなパワストをいつも持ってられる、そこが優れものだって意識しかないんすけど。

浄化や相性やなんやかやはタンブルでもポイントでも同じっすけど、ブレスにはそれに加えて左右対称じゃなきゃいかんとか、組み合わせがどうとか、種類制限、着ける本数、いろいろタブーが出てきて、そんな窮屈なこと考えなくていいんじゃ……って言いたいす。

こないだ聞いたのは、間に金属の飾りを挟むと気の流れが途切れるから、アクセサリーとしてならいいけど、パワストブレスとして持つなら使うなって。

するってーと、ピンで繋いだのとか、留め金具を使ったのはパワストブレスにはならないってことかい。
そういうパワストブレスは山ほど売られてるけど、それは全部インチキブレスってことになるよな。
見てると、金属飾りや留め金具使用ブレスで、堂々とパワストの効能を説明して、こういうイメージでデザインして、こんなパワーがあるとか説明して、かなり人気っぽいショップがあるけど、そこは気の流れが途切れてる難ありブレスをパワストブレスとして売ってるインチキショップで、買ってる人は騙されてるってことか。

そりゃ、いろんな考え方があるからさ、中には金属を挟むと気の流れが途切れるって感じる人もいるだろ。
そんなのはイメージだから否定はしない。

だけど、聞く側はちょっと考えようぜ。

たとえばさ、ブレスをもらったんだけど、どうすればって質問したら、まずは浄化してって答えと一緒に、金属がはまってるけど、気の流れが途切れるから外した方がいいってアドバイスが来たとするじゃん。

そこで「え〜、そうなんですか」って素直に受け取るのもいいけどさ、言ったみたいに金属飾りや留め金具使用ブレスは山ほどあるけど、そういうのはパワストブレスとして売られていても、強制的に全部アクセサリーと見なすかい?

そうしなきゃいけないものかい?

何か言われたら即「そうなんだ!」ってごっくり丸飲みする前に、ちょいと周りを見回して、言われたことが全部に当てはまるものかどうか考えてみた方がいいよ。

通販で買った石はパワーがないんじゃないかってのもあったけど、そんなの、そばに店が無くて通販しか手段がないとこの人が聞いたら怒るぜ?

ブレスは奇数本じゃないとダメってのもあったな。
なんでも肺の開きのバランスが崩れる可能性があるから奇数本って、クリスタルヒーラーを名乗る人が言ってるのを見たが、何で肺に影響するのかわからん。(本当に影響するかもわかったもんじゃない)

たまに効果があると説明してるのに効果がないパワストなんて詐欺だ、なんて目くじら立てる人がいるけどさ、パワストの効果のあるなしなんて証明しようもないし、お遊びの世界だけど、実際に体に悪影響が出るってんなら、意味だの相性だのパワー込めましただの言う前に、店の人は「他にブレス持ってませんか? え? 1本持ってる? 2本だと体に悪影響が出るのでもう一本」なんて必死に説明&売り込みするんじゃないの?

同じ人が必ず左腕にって言ってたけど、じゃあ、左腕だけに9本(奇数)も11本も着けてたら、そっちの法が体のバランスが崩れそうだけどなあ。

ってかんじで、パワストで言われてるタブーの大部分は、ちょっとあたりを見回すと、「こりゃ変だ」と笑っちゃうようなのが多い。
それをわかってて、でもちょっと乗ってみようかなって遊ぶのはいいけど、「そうなんだ〜」って、無防備に信じ込むのはあぶなくないすか?

そのうえ「〜って書いてあった」「〜って聞いたことがある」って、変なタブーが伝言ゲームされて、それを聞いた人が「そうなんた〜」って……それでむちゃくちゃになってる一面があるよな、パワストって。

いしころ太郎としちゃ、自分で心配の種とタブーを増やして何がおもしろいんだって思うけど。
posted by いしころ太郎 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

ざっくり言う前にちょっと待て。

どもー、いしころ太郎でーす。

パワスト好きの割にパワストにいちゃもんつけてるって言われてマス。
本人は、好きだからちゃんとやろうぜ、って言ってるつもり。

んで、今回言っちゃうのは、プレセリブルーストーン。

これが「ストーンヘンジの石」って紹介されて、癒しの石とかなんとか意味がつけられて登場してきているんすが。

「ちょっと待て」って言ってもいいスか?

プレセリブルーストーンてのは、プレセリって場所で採れた石で、それは確かにストーンヘンジに使われてる。
でもさ、それで「ストーンヘンジの石」って言えるかなあ?

この石を検索するとさ、たいてい「ストーンヘンジを形作る石」って感じで、ストーンヘンジとのつながりがまず出てくる。
でも、まさかストーンヘンジの破片じゃないから、順番としてはプレセリ産で、同じ場所で採れた石がストーンヘンジにも使われてますってことだ。

たとえばさ、こないだNHKでもやってたけど、昔勾玉に使われてた石で、出雲の青石(碧玉)ってのがある。
島根県花仙山で採れる濃い緑のジャスパーで、ここの固有種ってことらしい。
でっかい建造物(ストーンヘンジ)と飾り物(勾玉)って違いはあるけど、決まったところでしか採れない石で、スピリチュアルっぽいものを作ってるって所は似てるかな?

そこで、この青石の方で、勾玉とは別のものをつくって、「この石には古代の人々を魅了した勾玉のパワーが宿ってます」って言ったら、素直にうなずけるかい?

いしころ太郎は、ちょっと首をひねるぞ。

確かに勾玉に使ったのと同じ種類で同じ産地の石かも知れないけど、勾玉にパワーがあるとしたら、その形になってるからで、加工する前の石には、その石のパワーはともかく勾玉のパワーは違うだろ。

この「勾玉」を「ストーンヘンジ」に置き換えてもらうと、いしころ太郎の言いたいことはわかってもらえると思う。

そ、結局プレセリブルーストーンてのは、ストーンヘンジに使われてるのと同じ石ってだけ。

あ、だからただの石じゃん、ってんじゃないよ。
何でもプレセリとストーンヘンジのある場所は、すっげー離れてて、そこからでっかい塊の石を車もない時代に人力で運んだんだから、何でか知らないけどプレセリの石じゃなきゃいけない理由があったんだと思う。
パワストっぽく言えば、プレセリのブルーストーンにはパワーがあって(それが今いわれてるのと同じパワーとは思わないけど)、だからわざわざ運んでストーンヘンジに使ったんだろう。

でもさ、ストーンヘンジはストーンヘンジで、レイラインの上に立ってるし、あの形に何か意味があるはずだ。
プレセリのブルーストーンてのに加えて場所とか作った目的とか、そういう新たな意味が加わってるってことだ。
ストーンヘンジにパワーがあるとしたら、ブルーストーンのパワー+位置(レイライン上)+形+人々の祈り・思いだと思う。
つまりさ、ストーンヘンジがストーンヘンジだから意味があるってか。

だから〜プレセリのブルーストーンをストーンヘンジの石、ストーンヘンジの不思議パワーって受け取ると、それ違うんじゃないのってこと。

この石の説明を読むとさ、直接にはストーンヘンジのパワーが宿ってるってことは書いてなくて、よくよく読めばストーンヘンジにも使われてるというとこと石の意味は切り離されてるんだけど、たいてい「ストーンヘンジの石、プレセリブルーストーン」と呼ばれてるところを見ると、どうしたってストーンヘンジとくっついて意識されてるっぽい。

単純にストーンヘンジの石、だからストーンヘンジパワーって思うのと、人力でえっさえっさ運んでまでストーンヘンジに使いたかった石のパワーって考えるのとは違うじゃん。

だから、ちょっとなあ、と思うわけ。

それとも「ストーンヘンジの石」って言ってても、みんなちゃんとそこらへんはわかってるのかな。
いしころ太郎の心配しすぎ?
posted by いしころ太郎 at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

ローリスク、ハイリターン

いしころ太郎ッス。

パワーストーンの浄化についてのあれこれを見てると、皆さんの希望ってローリスク・ハイリターンだな〜と思うっす。

そりゃあ、誰しもお手軽に御利益があればいいなーってのが本音で、だから神頼みならぬ石頼みするんだけどさ。

石に願掛けして、「石さん」て呼んで、「心配です〜」ってくらい気にかけてる反面、
「簡単で効果的な浄化方法って何ですか」
「お金をかけずに出来る浄化方法を教えてください」
「〜すれば浄化できますか」
って、それ、聞いちゃう?

「石さん」の人と「お金かけずに簡単に」の人は、必ずしも同一人物じゃないけども、「お金かけずに簡単に」の人だって、石が単なるもの扱いされてるわけじゃないようすは見聞きしてるはずで、浄化しようというからには、その人自身もパワーストーンとして扱ってるわけだろ?

願い事するだけして、人間側からは、タダで、なるべく簡単に、「〜すれば」じゃあ、バランスとれてないよな〜って思う。

大げさな浄化方法をしろって言ってるわけじゃない。
日に当てるにしろ、水をかけるにしろ、ただそれをすればじゃなくて心を込めてやんなきゃ、単に虫干し、水洗いしただけじゃん。
水をかければ浄化になるなら、パワストに興味のない鉱物趣味の人が、自分で採ってきた水晶を水洗いしたら、それ、浄化?
浄化だと言ったら「はあ?」って、心外な顔されるぜ。

パワーストーンなんてクズ石。
効果なんかあるわけない。
っていうと、パワスト好きな人は嫌な顔するけど、そのパワスト好きが「これやっときゃ大丈夫」って扱いをするかい?
パワストで浄化っつったら、やっぱ、心を込めてあげないと。
posted by いしころ太郎 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

証明ってナニを?

いしころ太郎だよん。

パワストの質問で、「ブレスレットは右か左か」って、よくあるしつもんがあったんすけど。
それに対する答えで目が留まったっす。

まとめてみると。

左は気を吸収する手、右は放出する手なので石のパワーを受けるなら左がよい。左利きだと逆になる。という人がいるが、これではどうして左が吸収で右が放出なのかの説明になってない。

これは、地球の自転が反時計回りだから。また心臓が左にあるから左から右へと気が流れやすい。よって気が入ってくる左にブレス。
そうすることで、変なモノが入ってくるのを防ぎ、石のパワーも一緒に吸収できる。

ってことなんすけど。

これも説明になってなくね?

「気」なんてもんはどうにも説明しようがないから、心臓が左だから左から右っていわれたって、それがどうして、本当にそうかって話になる。
地球の自転にしたって北極方向から見れば反時計回りだけど、南極方向だと逆だよね。

こんなのは、左が吸収で右は放出、良くわかんないけどそうかそうかでいいんじゃね?
ブレスを付けるのは、自分が好きな方につけりゃいいんじゃないかと思うけどさ。

絶対左またはぜったひみぎ、それ以上は不可ってんなら、ショップや本で全部同じように注意されてるだろうよ。
注意されてないってことは、どっちでもいいんじゃん。
posted by いしころ太郎 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

通じる謎

某所で見かけたやりとり。

「水晶さざれってなんですか?」
「浄化さされのことですよ」
「なるほど! ありがとうございます」

……えっ、それで通じる?
さざれと言えば浄化のアレってコトになっちゃってるわけ?

なんか驚きのいしころ太郎でした……。
posted by いしころ太郎 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

意味と相性の相関関係

どもー、おひさです。いしころ太郎っす。

こないだ石友さんとおもしろい話をしたのでちょっと。

話をしてた石友さんは、いしころ太郎とは類友なんで、趣味が似てるっす。
んで、話は、なんで、最近は相性がどうとか自分の石をそんなに疑うのかって流れになったんすが、そこでおもしろい意見。

「なんかね〜、石を意味で選んでるから、相性が合わないケースが増えたんじゃないかな〜」

って。
つまり、人間で言えば、見た目とか年収や肩書きで相手を選んで結婚して、いざ新婚生活をはじめてみたら価値観が合わなくて……ってコト?

なるほど〜。これ、納得できる話だよね。
時期も、ブレスが人気になり始めて意味ばっかり重視されるようになったのと、相性が……って話題が増えた時期も重なるし。

いしころ太郎としては、「相性が」と心配することで石を特別だって思いたいんじゃないのかな〜なんて、ちょっと意地悪く思ってたんだけど、こっちの方があり得そう。
ってか、そう思いたい。

やっぱりさあ、今のパワーストーンって、意味ばっかり気にしすぎだよ。
そんなの、誰かが勝手に言ってることじゃん。
最初に言った人が本気で、ちゃんと考えてたとしても、それを引用した人が取り違えることもあるし、勝手に省略した結果、意味が変わってしまうこともある。
そういうのって、石選びのおまけみたいなもので、それを決定打にしちゃいけない……ってか、そればっかってどうなんだ。

石の立場になって考えるとするとさ、勝手に意味を押しつけられて、勝手に相性が悪いとか言われて、自然に帰すべき?とか言って捨てられたら、たまったもんじゃない。
それこそ、はりきってリベンジしちゃうね。

まあね〜、原石やタンブルみたいな一つ一つの違いが見えてるものじゃなくて、一見どれも同じなビーズだと組み合わせや意味しか見るとこがないのかもしれないけどさ。
でも最終的に意味を忘れて「これだ!」って石を選んでみると、何かわかることがあるかもしれない。
それって、どれだけ意味を忘れて(意味に頼りたくなる気持ちを抑えて)石だけに集中するか、集中できるかってことなんだけど。
posted by いしころ太郎 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

そんなこと、わかるかい

いしころ太郎っす。

今日はちょっと毒吐き気分。(え? いつもだって?)

パワーストの質問で「こんなことありました、これってどういう意味?」ってのがあるじゃないスか。

割れたとか色が変わったとか、石の変化なら、まあいいだろ。
本当は、いちいちそんなこと気にすんなって言いたいけど、そういうところにこだわる気分もわかるからさ。
でも、なんか不思議なことが起こる特別なもの……って気分で楽しむならいいけど、あんまり心配しすぎるのはヤバいと思うよ。

でもさ、「○○石を見たら胸がどきどきしました、その意味は?」とか、
「最近○○石ばかり気になります、これってどういうこと?」とかさあ、それって……
そんなもん、他人にわかるかい。

たぶん「気になる石が必要な石ですよ」とか「石が呼んでるんでしょう」みたいな返事をもらうと満足するんだろうけど。
そんなの他人の想像でしかないじゃんよ。
ドキドキする、気になる、それって全部自分の心の中のことだろ。
それを他人に想像してもらって、それで納得する?

変じゃん。

よく思うんだけどさ、いろんなパワスト質問で、なんかあらかじめ答えを想像して期待してるんじゃないのかなって思うのがある。
こう言って欲しいっていうかさ。

たとえば「割れました、この意味は?」って質問があったとすると
「偶然。扱いに気を付けて」
って答えより
「身代わりになってくれた」
って答えに飛びつくじゃん。

パワーストーンとしちゃ身代わりって方がそれっぽいけどさ、やっぱりよりパワストっぽい答えを期待してるよね。

石の説明でも同じで、より不思議な方、より特別っぽい方が注目されて、地味な説明は忘れられてさ。

それじゃダメとは言わないけど、あんまりパワストを不思議グッズにしすぎると、かえってパワストじゃなくなる感じがするなあ。

どきどきや気になる理由までパワストの不思議にして、その解説を人任せにするってのはさ、結局自分の感覚を切り捨ててるんだよね。

最近、パワスト関係の本は、「精神世界」ジャンルで見かけなくなって「占い」コーナーに移ってる気がする。
意味深だな。

posted by いしころ太郎 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

パワーストーン=御利益か?

どもども、おひさです、いしころ太郎っす。

パワストやってると、同じ趣味の人と知り合うこともあるんすが、比較的新しいパワスト友達から、こんなことを聞かれました。

「パワーストーンを持ってて、なにか効果があった?」

自分は効果がない、石があってないんだろうか、もしかして石が偽物なんだろうかっつーんだが。

「効果なんてないよ。別に効果が欲しくて持ってるわけじゃないし」

って言ったら、びっくりされてしまって、それにこっちがびっくりっすよ。
いやー、パワーストーンてのは、天然石には不思議なパワーがあるんだってさってことで楽しむものだけど、必ず効果がある、効果がなきゃおかしいってもんじゃないだろう。

今時のパワーストーンは、何をさておき意味や効果の説明ばっかだが、それが「効果があって当たり前」って誤解を生んでるとすると悲しいねえ。

効果がないよりあった方がいいし、石のパワーを感じられたらおもしろいけど、石が、買った人の思惑関係なしに説明通りの効果が強制的に出てしまうシロモノだったら、いくらパワスト好きのいしころ太郎でも、怖くて手が出せないッスよ。

たとえば、うっわー、このローズクォーツ、ぷるぷるゼリーみたいでおいしそーって買ったら、全自動で恋愛効果発動!……って、こっちの都合無視でそんなことになったら困るじゃん。
ああいうのは、効果があるかな、あるかな、あったらいいなってわくわくどきどきするところが醍醐味なんだよね。

それを、効果がない、石が偽物かもってのは、違うだろうよ。
posted by いしころ太郎 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする